ILLUSTRATOR ERI YOSHIDA

ABOUT

profile

ヨシダエリ / Eri Yoshida

日常のふとした瞬間を飾らない表現で描いていきたい。それは喜びの瞬間かもしれないし哀しみの瞬間かもしれない。
インクのスポイトを使って描くことで制御されすぎず荒削りな、だけどどこか心を動かされるような線で描いています。

性別や年齢、肌の色やスタイルがなんであれ私は日々を一生懸命生きる人にやさしく寄り添う絵を描きたい。
生きていると色んなことがあるけれど「私たちきっと大丈夫」
そう思っていただける絵を描いていきたいと思っています。

大阪芸術大学卒業後、Webデザイナーとして働きながら
マサモードアカデミーオブアートにて3年間絵の基礎から学び、絵を描く楽しさを知る。
OHGUSHIさん主催の寺子屋への参加やUNKNOWN ASIAへの出展をきっかけに現在のスポイトで描くスタイルに。
現在フリーランスのイラストレーター・デザイナーとして独立し、
アパレルやプロダクトメーカーとのコラボレーションをはじめポートレートやライブペイントなどのイベントでも活動中。
UNKNOWN ASIA 2018 日本たばこ産業賞受賞。

I love drawing sceneries. It may be a moment of joy or a moment of sadness. I draw with the use of an ink dropper. And I don't have much control when using it. The lines may be too simple but it will definitely move you.
I want to draw pictures that can appreciate people who are having a hard life. Whatever their gender, age, skin color or style. There are many struggles or problems in life, but I would like them to think that “It’s gonna be all right” with my drawings.

I learned drawing at Masa Mode Academy of Arts while I was working as a web designer. With the participation in the TERAKOYA and the exhibition at UNKNOWN ASIA, I started to draw with the use of an ink dropper. Now I became an independent freelance illustrator and designer and I am also active in events such as portraits and live painting, as well as collaborations with apparel and product makers.

[EXHIBITION]